本文へスキップ

共同保存図書館とは what's deposit library

デポジット・ライブラリー(保存図書館 deposit library)の略。
設置主体を異にする複数の図書館が、それぞれで所蔵が困難になった資料を一ヶ所に集め、共同で保存する仕組み。書誌・所蔵情報の管理と提供を行い、物流システムを保障して、各図書館の求めに応じて利用者が必要とする資料を貸し出す保存センター。

多摩地域から東京の図書館を考えるプロジェクト 編多摩地域の図書館をむすび育てる会 発行2003年9月刊行(PDF 2097KB)当NPO法人誕生のきっかけとなった運動の到達点「はじめに」より「2001年度末、都教委で検討された「都立図書館あり方検討委員会報告」に盛り込まれた再編計画の見直しを求めていたわたしたちは、東京都・都立図書館がこの方針を撤回しない以上、独自の方針を立てる必要性を痛感し、都立図書館に代わる第二線図書館を構想する道を選び、本プロジェクトによって2002年10月から対応案の検討に入りました。その後、2003年1月に中間報告を発表し、多摩地域の4か所で説明会を実施し、参加していただいた市民、図書館職員からの意見を集約し、検討を重ねました。ここでわたしたちは、新たな第二線図書館として、多摩から発し、全都等へ及ぼしていく、デポジット・ライブラリーの基本的な考え方や運営体制について報告し、その実現に向けた方向性を提案します。」 多摩地域の図書館をむすび育てる会 編著ポット出版定価:1,600円 + 税 ISBN978-4-939015-57-1(4-939015-57-2) C0000 四六判 / 192ページ /並製 [2003年12月刊行] 上記の報告書を広く普及するために、コンパクトなサイズにした出版物 東京・多摩に新しい図書館が生まれようとしている。市区町村図書館からあふれ出した本を、共同で選択・保存する、図書館=デポジット・ライブラリー。財政難から都立図書館の運営方針が変更され、複本の廃棄、永久保存の見直しなど進めらている。その失われた機能を、市民と図書館員の手で、NPOとして実現しようとしているのが、この共同保存図書館だ。市民の手で地域を治める=地方自治をより発展させる視点も持ちながら、図書館という具体的なサービスを進める試み、本書は、市民と図書館員がつくった提案を紹介している。 google Booksにリンクします。東京都市町村立図書館長協議会により東京都市長会・多摩島しょ広域連携活動助成事業として『多摩地域における共同利用図書館検討調査報告書』(平成20年3月)がまとめられました。

関係文献リスト


NPO法人 共同保存図書館・多摩 



〒182-0011
調布市深大寺北町1-31-18

FAX 042-484-3945
メールのマーク
メール問い合わせはこちら


郵便振替口座
NPO法人共同保存図書館・多摩
トクヒ)キョウト゛ウホソ゛ントショカンタマ
00180-5-726583


archive.htmlへのリンク