本文へスキップ

NPO法人 共同保存図書館・多摩とは profile

NPO法人 共同保存図書館・多摩 は、共同保存図書館の実現を目指しています。

私たちは、東京都多摩地域の市町村立図書館の蔵書を地域内で長きにわたって利用し続けられるよう、同じタイトルは地域内で最低2冊は残していくことを呼びかけています。そのために各図書館が除籍する資料を中心に、必要な資料を共同で保存しいつでも提供できる仕組みづくりをすすめています。

多摩地域では市町村立図書館が住民に積極的な資料提供を行い、暮らしに役立つ図書館をめざしてきました。現状の図書館では魅力ある蔵書をつくるため、新しい本を入れるたびに古い本を書庫に移し、書庫にも持ちきれない本は除籍せざるをえません。いまやほとんどの図書館の書庫は満杯で、個々の図書館の力だけでは日々消えていく本の流れを止めることはできません。
この問題を解決するには、図書館蔵書の保存と除籍に地域全体でのセーフティネットを張る必要があります。地域共同で確実に効率的に保存し、インターネットでの蔵書情報と図書館間の物流を整えることで、蔵書をいつまでも生かすことができます。

私たちは、このような仕組みの実現をめざしています。



特定非営利活動法人共同保存図書館・多摩 定款























定款の詳細はこちら

私たちの活動を分かりやすく説明したリーフレットをご覧ください。・・ 「東京都立図書館あり方検討委員会」設置に端を発した「都立図書館があぶない!」住民と職員の集会実行委員会、「多摩地域の図書館をむすび育てる会(略称:多摩むすび)」の活動など、NPO法人発足以前からの活動も記録しています。・  ・  通常総会 年1回開催しています。臨時総会 必要に応じて開催します。 2ヶ月毎に開催しております。。 月1回開催しております。

組織・役員

特定非営利活動法人共同保存図書館・多摩  役員名簿    2013年5月19日
役 職 氏 名 所属・肩書
理 事 長 座間 直壯 元調布市立図書館長
副理事長 平山 恵三 エル経済研究所
理事・事務局長 齋藤 誠一 千葉経済大学短期大学部教授
理 事 清田 義昭 出版ニュース社代表
理 事 田中 ヒロ 元都立図書館司書
理 事 手嶋 孝典 元町田市立図書館長
理 事 矢崎 省三 元東京農工大学図書館
理 事 堀 渡 元国分寺市立本多図書館長
顧 問 黒子 恒夫 元保谷市立図書館長
顧 問 津野 海太郎 和光大学名誉教授


                                                     2006年6月7日2007年4月1日改正 第1章 総 則(名 称) 第1条 この法人は、特定非営利活動法人共同保存図書館・多摩という。通称を多摩デポとする。英語名をTama Deposit Libraryとする。(事務所) 第2条 この法人は、主たる事務所を東京都調布市深大寺北町1丁目31番地18に置く。(目 的) 第3条 この法人は、広く一般市民を対象として、行政や企業等との協働のもとに、市町村立図書館等が除籍する資料、個人団体などが手放す資料等の収集・整理事業、再活用事業、貸出等による提供事業を行い、広域的な共同保存図書館活動を、普及展開することで、必要な情報を誰もが容易に得ることができるような社会づくりに寄与することを目的とする。(特定非営利活動の種類) 第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次の種類の特定非営利活動を行う。(1) 社会教育の推進を図る活動 (2) 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活(3) 情報化社会の発展を図る活動 (4) 前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関 する連絡、助言又は援助の活動 (事業の種類) 第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行う。(1) 資料・情報の収集・整理、保存、提供事業 (2) 資料の再活用事業(3) 情報・読書・出版・図書館に関する講座・講演会の企画・運営事業 (4) 図書館業務に関わる調査研究事業(5) 印刷物の発行等による普及啓発事業(6) その他この法人の目的を達成するために必要な事業 ・・・・・     

NPO法人 共同保存図書館・多摩 



〒182-0011
調布市深大寺北町1-31-18

FAX 042-484-3945
メールのマーク
メール問い合わせはこちら


郵便振替口座
NPO法人共同保存図書館・多摩
トクヒ)キョウト゛ウホソ゛ントショカンタマ
00180-5-726583


rijikai.htmlへのリンク